自動車保険 自動車保険 交通事故保険の手続きで困った時・・・任意保険 ドット コム 自動車保険 交通事故保険の手続きで困った時・・・任意保険 ドット コム

2007年01月12日

自動車保険 セコム損害保険 安心するかも?警備会社の現場急行サービス

自動車保険 セコム損害保険 安心するかも?警備会社の現場急行サービス


キャパの自動車保険見積もりで、セコム損害保険を忘れていました・・・(汗)

パンフレットを開いてみると、警備会社だけあってユニークな特約がありました。



条件は以下のとおり

自動車保険
車両 : ホンダ キャパ  
年式 : 平成10年

12等級
30(35)歳以上限定
年掛け一括払い
運転者夫婦限定
通勤、通学使用
年間走行距離 10,000km以上

対人賠償 : 無制限
対物賠償 : 無制限
人身傷害 : 3,000万円(搭乗中のみ担保)
搭乗者傷害 : なし
車両保険 : エコノミータイプ(付けられない会社もあり)
        免責 事故一回目→5万円 事故二回目以降→10万円
        (免ゼロ特約あり・・・事故相手がクルマのときは免責ゼロ)

セコム損害保険
40,250円/年
車両保険全損で 45万円

搭乗者傷害 死亡時 1,000万円
        医療保険金(ケガの保険金)
        入院保険金 15,000円/日
        通院保険金 10,000円/日



搭乗者傷害の入院・通院保険金がこの金額で、保険料40,250円/年は安いと思います。

ケガの補償を重視する方にはお勧めです。

ワタシのお客さんで自営業の方は、事故で入院する間の給料という感覚で、搭乗者傷害をつけている方もいます。


『コールセンターを活用したコスト還元型の自動車保険

と、表紙に書いてあるのですが、どういう意味なんだろう???

意味不明・・・(汗)



目を引いたのは・・・


『セコムの現場急行サービス』


24時間、365日、もしもの時、お客様の要請にもとづいて事故現場にセコムの緊急対処員がかけつけます。

”緊急対処員”って誰?

後ろのページの写真を見てみると、町で見かけるセコムの人の写真がありました。


主なサービスの内容

・救急車の手配

・警察への連絡

・レッカー、タクシーの手配

・お困りの点のヒアリング




なかなか良いかも!



この制服の人がいるだけで安心しそうですね。


ところで、連絡後どれくらいで駆けつけてくれるのでしょうか?


当社で契約している、A○○OKさんは到着までに、約束の時間で来たためしはありません。・・・(爆)



自動車保険 セコム損害保険 安心するかも?警備会社の現場急行サービス

posted by ゆっきー at 21:09 | Comment(35) | TrackBack(9) | 自動車保険 

2007年01月10日

自動車保険 交通事故 保険金不払い システム改善数百億!

自動車保険 交通事故 保険金不払い システム改善数百億!


自動車保険保険金不払い問題ですが、12月中旬、金融庁は保険会社の調査結果に “NO” を突きつけました。



これまでの調査で損保商品の不払いは約32万件、約188億円に上るが、金融庁は調べ方が不十分として徹底した調査を求めている。今回の調査で、不払いがさらに膨らむのは確実で、金融庁が業務停止を命じたり、経営責任を追及する可能性もある。


大手損保各社では、1件の事故で搭乗者傷害保険や人身傷害保険など複数の保険金が同時に支払われる契約は調査を終えていなかった。(共同)




保険会社の怠慢には、本当に呆れます。

今頃指摘される話ではないですよね。

私たちがお客さんに搭乗者傷害を勧めるときには、人身傷害プラスアルファで安心ということで勧めます。

保険金不払いのネタを勧めてしまった代理店は、ただの「アホ」です。


今日の新聞に、数百億円をかけてシステムを改善して、チェックが済まないと保険金が支払われない仕組みにするそうです。

三井住友海上が140億円、損保ジャパンが400億円、東京海上日動が4年間でなんと600億円(!)、だそうです。


保険金不払いについては2〜3月に最終報告をする。と書いてありますが、それでも終わらないでしょうね・・・(>_<)


早くその新システムを稼動して、実績を見せてください。(怒)



自動車保険 交通事故 保険金不払い システム改善数百億!
posted by ゆっきー at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2007年01月08日

自動車保険 アクサダイレクト 支払い漏れになりそうなロードサービス!?

自動車保険 アクサダイレクト 支払い漏れになりそうなロードサービス!?



アクサダイレクトの気になる特約が、もうひとつありました。


『困ったときの緊急サポート』

無料のアシスタンスサービス

・ロードサイドサービス
・レッカーサービス
・宿泊サービス
・帰宅サービス
・車両搬送、引取サービス
・メッセージサービス



1年目と2年目以降では、ほぼ全てのサービスで内容と金額が違います。

レッカーサービス
25,000円限度 → 距離無制限無料
(アクサダイレクトが指定する最寄の工場までの条件付)

宿泊サービス
15,000円 → 25,000円

帰宅サービス
レンタカー:15,000円/日 → 25,000円/日
他交通費:15,000円/人 → 25,000円/人

ロードサイドサービス
ガス欠での燃料補給有料 → 10リットルまで無料
パンク時スペアタイヤ交換 → タイヤ購入費用15,000円まで補償
自宅でのかぎ閉じ込みサービス外 → サービス可


などなど。


自動車保険の継続契約をしてくれたお客さんには、優遇してもっとサービスを多くしようという差別化を図っています。

長く付き合ってくれるお客さんを優遇する姿勢はいいですね。



ここからが問題です。

よく読むと細かい条件がいっぱい付いています。

タイヤ購入費用補償などは事前に連絡をしないと払わないとか・・・
ロードサービスとセットでないとダメだとか・・・
レッカーサービスは搬送先を指定すると2年目以降でも25,000円までとか・・・



きちっと理解して依頼する加入者はまずいないでしょう・・・

だって、ロードサービスを依頼するときは、みんなパニックですから。(苦笑)


結局サービスセンターに言われるがまま → 支払い漏れって事になりそうな内容です。



あまり条件をつけないで、もっと分かりやすいサービスしようよ!!!



自動車保険でこれからの支払い漏れは、会社の存続にかかわりますよぉ〜




自動車保険 アクサダイレクト 支払い漏れになりそうなロードサービス!?
posted by ゆっきー at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2007年01月07日

自動車保険 アクサダイレクト 「24時間事故受付」はアピールになりません。(苦笑)

自動車保険 アクサダイレクト 「24時間事故受付」はアピールになりません。(苦笑) 


前回、郵送が遅かった保険会社二社を暴露(?)しました。

普通の人で自動車保険を検討していたら、とっくにどこかと契約をして「いまごろ遅いよ・・・」と封も開けられずにゴミ箱行きだと思いますが、各社比較をしているワタシとしては、中身を見ないで捨てるわけには行きません。(苦笑)


まずは一番情けないアクサダイレクトから。

チューリッヒと一緒でコスト削減なのか、はがきで郵送されてきました。


Your Safety 1st.

AXAは1817年にフランスで生まれ、
世界のお客様から信頼をいただいている
世界最大級の保険・金融グループです。



なぜかエクストレイル(だと思う)に自転車を乗せる写真と共に、『世界規模』だと強調しています。(汗)



そして、このはがきの小さいスペースの中で一番強調しているのは、


お客様の「不安」を「安心」へ。
事故トラブルもしっかりサポートします。

『ワンステップ事故対応サービス』

24時間365日の事故受付体制
●1事故専任チーム制
●専任スタッフが示談交渉を代行


どれも各社やってます・・・(-_-;)


ある国内のの保険会社は、事故受付後の最初のアクション(電話連絡など)を24時間以内に行います。と、一歩進んだアピールしているところもあります。


この程度だと一番早く郵便が届くようにしないと、検討の土俵には乗せてもらえませよ・・・アクサダイレクトさん・・・



自動車保険 アクサダイレクト 「24時間事故受付」はアピールになりません。(苦笑)


posted by ゆっきー at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2007年01月05日

自動車保険 ダイレクト保険 誰も見てもらえない見積もりは悲しいですよ。

自動車保険 ダイレクト保険 誰も見てもらえない見積もりは悲しいですよ。


前回、3回目のダイレクト損保自動車保険の保険料見積もり比較を一通りしてみました。

メールで回答してきた保険会社のうち、二社ほど見積もりが郵送されてきませんでしたが、ストリームのときは「そんぽ24」が結局何も郵送されて来なかったので、そんなもんかな?と思っていました。


忘れた頃に、残りの二社の郵便が来ました。


セコム損保


アクサダイレクト


他の会社に比べて一週間以上遅く郵送されてきました。



もう契約しましたっ!



メールには、「郵送で見積もりをおくります。」

と書いてあっても、手元に5〜6社揃ってしまえば、どこの会社が届いていないかなんて分かりません。


自動車保険のHPで事故処理はスピーディとアピールしていますが、見積もりが遅いと契約してもらえませんよぉ・・・


セコム損保さん、アクサダイレクトさん・・・(苦笑)



自動車保険 ダイレクト保険 誰も見てもらえない見積もりは悲しいですよ。

posted by ゆっきー at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車保険 

2007年01月04日

自動車保険 ダイレクト保険 やってみました見積もり比較3

自動車保険 ダイレクト保険 やってみました見積もり比較3



普通の自動車保険とダイレクト保険の保険料の違い、第3弾です。

今回は8年落ち(12月に見積もり依頼をしました)のクルマ+割引そこそこのケースです。

やはり8社から見積もりが来ました。


条件は以下のとおり

車両 : ホンダ キャパ  
年式 : 平成10年

12等級
30(35)歳以上限定
年掛け一括払い
運転者夫婦限定
通勤、通学使用
年間走行距離 10,000km以上

対人賠償 : 無制限
対物賠償 : 無制限
人身傷害 : 3,000万円(搭乗中のみ担保)
搭乗者傷害 : なし
車両保険 : エコノミータイプ(付けられない会社もあり)
     免責 事故一回目→5万円 事故二回目以降→10万円
     (免ゼロ特約あり・・・事故相手がクルマのときは免責ゼロ)

今回は回答された条件に、かなりばらつきがあります。
車両保険を受けてもらえない会社もありました。
一概に同じレベルでは比較できないかもしれません。


まずは参考に・・・
富士火災
42,860円/年
車両全損で45万円


ゼネラリ保険会社
20,230円/年
車両保険はだめらしい
搭乗者傷害 死亡時 1,000万円
        医療保険金(ケガの保険金)
        入院保険金 5,000円/日
        通院保険金 3,000円/日


三井ダイレクト損保
30,430円/年
車両全損で45万円
搭乗者傷害 死亡時 500万円
        医療保険金(ケガの保険金) 部位・症状別払い


チューリッヒ保険
39,510円/年
車両全損で50万円
搭乗者傷害 死亡時 500万円
       医療保険金(ケガの保険金) 部位・症状別払い


あいおい損保
40,190円/年
車両保険はなしでこの保険料(!?)


セコム損害保険
40,250円/年
車両保険全損で 45万円
搭乗者傷害 死亡時 1,000万円
        医療保険金(ケガの保険金)
        入院保険金 15,000円/日
        通院保険金 10,000円/日


ソニー損害保険
43,710円/年
車両全損で45万円


アクサダイレクト
51,100円/年
車両全損で45万円 


アメリカンホーム保険
59,240円/年
車両全損で45万円
搭乗者傷害 死亡時 500万円
        医療保険金(ケガの保険金) 何も書いていない!



これだけ沢山あると書面で見比べたいです。

いちいち保険会社のHPへログインして、確認するのは嫌になってきます。




気合を入れて検討を始めても、やっぱり面倒になって、『安いのでいいや』ってことになりそうです・・・(汗)


それじゃだめなんだけど・・・(爆)



自動車保険 ダイレクト保険 やってみました見積もり比較3
posted by ゆっきー at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2007年01月02日

自動車保険 富士火災 損害賠償で17億円払えますか?

自動車保険 富士火災 損害賠償で17億円払えますか?

あけましておめでとうございます。

しばらく間が開いてしまいましたが、今年もいろいろ書いていきたいと思います。


一ヶ月位前の記事ですが、富士火災の記事でインパクトがあったので紹介します。


『懲罰』111億円損害賠償、米で提訴 函館の米国人女性

交通事故に遭った際、加害者側の保険会社に不手際があったのに説明を拒否されたとして、北海道函館市に住む米国人女性(39)が保険会社などを相手取り、総額9500万ドル(約111億円)の賠償を求める訴訟を米国ニューメキシコ州の連邦地裁に起こした。8150万ドルの懲罰的賠償を含んでいる。女性は「保険会社が説明責任を果たさないため訴えた」と説明している。



え゛〜〜〜。


保険会社、加害者、金融庁、法務省合計の金額ですが日本ではあまり聞かない「懲罰的賠償」も入って、ものすごい金額です。

金融庁や法務省を巻き込むのもすごいと思いますが、なんと言っても加害者に17億円も請求しています。



女性は函館市内で小学校の講師をしていた。04年1月、札幌市で20代の男性の車に追突された。男性は富士火災自動車保険に入っていると話したが、同社は当初、「保険には加入していない」と説明。女性は首や腰が痛んだが、治療より交渉を優先せざるを得なかった。
 同社は10日ほど後に一転して加入を認めたが、当初加入を否定した理由の説明は拒否。女性はその後、腰痛などがひどくなって講師を辞めた。事故翌月に、「賠償金額は争わないが、対応が遅れた理由を教えてほしい」と提案したが、それも拒否されたという。




この記事だけを見ると、富士火災のお客さんが保険料の支払が遅れていて、契約解除ぎりぎりの状態だったところに事故が起きたように思えます。

事故処理部署の確認が足りなかったのでしょうか?


「賠償金額は争わないが、対応が遅れた理由を教えてほしい」と提案したが、それも拒否されたという。


これは事故処理担当者の判断だと思います。

富士火災に限らず、他の保険会社も一方的な対応をすることがあることを、私も経験しています。



もし、あなたが17億円も損害賠償を請求されたらどうしますか???


対人賠償無制限で補償されるのかな???


自動車保険 富士火災 損害賠償で17億円払えますか?
posted by ゆっきー at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(5) | 自動車保険 

2006年12月23日

自動車保険 無保険車には保険会社の対応が厳しいです。

自動車保険 保険には保険会社の対応が厳しいです。


保険だとすごくお金がかかります。】

という記事のお客さんは、ようやく決着しました。


「相手自動車全損時臨時費用特約」(富士火災)

事故をした相手のクルマが全損になってしまったとき、修理代との差額を補填しましょう。

という特約に相手が入っていてくれたおかげで、全損扱いのクルマを直すことが出来ました。

直すことが出来たのですが、過失割合でもめていました。


結果は・・・


・・・・・・・・完敗・・・・・・・・・・(T_T)


こちらの主張は一切通らず、最初から提示されていた、20:80 の過失割合であきらめざるを得ませんでした。

今は、『小額提訴』という、こちらにとっては厄介な制度が出来たせいで、保険会社はすぐに 「納得できなければ裁判をどうぞ」といいます。

今回も言われてしまいました。


いくら簡単に裁判が起こせるとはいえ、まったく分からない人に実際は不可能です。



当社担当の人に聞いたのですが、保険が相手のときはやはり対応が厳しくなるようです。

比較的対応がきついのは「損保ジャパン」のようです。



もちろん自動車保険に加入している人には無関係な話ですが・・・



自動車保険 保険には保険会社の対応が厳しいです。
posted by ゆっきー at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年12月14日

自動車保険 インターネットでダイレクト保険見積もり比較 お勧め保険会社は?

自動車保険 インターネットダイレクト保険見積もり比較 お勧め保険会社は?


長くかかりましたが、前回のあいおい損保でインターネットからの自動車保険ダイレクト保険)の商品内容や見積もり内容の紹介は終わりました。

ちょっと偉そうですが、今日は総評をしてみます。

見積もりに付いてきたパンフレット(重要事項説明書)と見積書を見た感想ですので、あなたの自動車保険選びの参考にしてください。。

事故処理の対応については分かりませんので、あしからず・・・  <(_ _)>


全9社で、おすすめ自動車保険のナンバー1は・・・


ソニー損保


やはりなんといっても、「くりこし割引」ですね。

上手なシステムで、契約者の割安感を増加させています。

残念なのが、「くりこし割引」の説明が重要事項説明書の中の一部なので、普通の方はたぶん見ないだろうと思われることです。

これこそ別パンフレットにするべきだと思います。




そして・・・ワースト保険会社は?


あいおい損保


この保険料なら、相談できる代理店がいる普通の契約のほうが良いです。


同じような順位に『そんぽ24』もいます・・・(汗)

ここはダイレクトでやるぞ!っていう気合が感じられません。

パンフレットがありすぎるのも困りますが、まったくなしでHP見ろ!というやり方に親切さが感じられません。

事故が起きたとき本当に大丈夫かな?と連想してしまうのはワタシだけでしょうか?


この二社と契約するなら、国内損保の代理店つきで契約しましょう。



単純に安さで選べないのが、自動車保険の難しいところです。


ダイレクト保険を選ぶときは、事故処理で問題が起きるかもしれないことを頭の片隅においておきましょう。(汗)


自動車保険 インターネットダイレクト保険見積もり比較 お勧め保険会社は?
posted by ゆっきー at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車保険 

2006年12月13日

自動車保険 あいおい損保 理解できない年齢条件&運転者限定

自動車保険 あいおい損保 理解できない年齢条件&運転者限定


今回も、あいおい損保です。


高い保険料だなぁと思いながら、パンフレットを見ていきました。

シンプルなデザインで、分かりやすくしようと思っているのは好感が持てます。

しかし、内容を理解しようと思うとすぐ引っかかります。


「運転者年齢条件と運転者限定」


―トップランでは、帰省中のお子様や友人・知人が運転している間の事故についても、年齢条件にかかわらず補償されますので、同居のご家族等で運転される方の中でもっとも若い方の年齢により条件を決めることが出来ます。

『同居の子供追加担保特約』
―同居のお子様でお車を運転される方がいらっしゃる場合、同居のお子様を除いた同居のご家族等で運転される方のうちもっとも若い方の年齢により条件を決め、次に本契約により同居のお子様専用の年齢条件を決めることにより保険料の軽減が出来ます。
(原文どおり)


?????


読めば読むほど理解できなくなってきました・・・(汗)

これ、理解できる人はいるのかな?

さらに、質問しようとフリーダイヤルを確認したら、18時までしか受け付けていません。

ダイレクトでこの時間までは無いでしょう?(怒)


たぶん富士火災で言う「子供特約」のことだと思うのですが、この説明では理解できないでしょう?

この説明だと、たとえば「親は35歳以上限定、子供は21歳以上限定で入ればいいや。」で済ませてしまうと思います。


しかし、よく見ると小さい字で、

「ご契約のお車の所有者がお子様の場合またはご契約のお車をお子様がもっぱら使用される場合はセットすることは出来ません」

と書いてあります。

以前、富士火災ではこの条件によるトラブルがあったようで、契約の再確認が入りました。



自動車保険の代理店業務をしていて一番気を使うのが年齢条件&家族限定です。

こんな説明で、どのくらいの人が正しく契約しているのでしょう?


あいおい損保と契約している方、もう一度年齢条件&家族限定を保険会社に確認したほうがいいですよ。(汗)



自動車保険 あいおい損保 理解できない年齢条件&運転者限定

posted by ゆっきー at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車保険 

2006年12月11日

自動車保険 あいおい損保 たっ・・・高い保険料(汗)

しばらく間が開きましたが、ダイレクト保険の見積もりの最後を飾るあいおい損保です。


条件は以下のとおり

自動車保険
車両 : ホンダ ストリーム  
年式 : 平成15年

20等級
21歳以上限定
年掛け一括払い
運転者限定なし
通勤、通学使用
年間走行距離 10,000km以下

対人賠償 : 無制限
対物賠償 : 無制限
人身傷害 : 3,000万円(搭乗中のみ担保)
搭乗者傷害 : なし
車両保険 : エコノミータイプ
     免責 事故一回目→5万円 事故二回目以降→10万円
     (免ゼロ特約あり・・・事故相手がクルマのときは免責ゼロ)


あいおい損保
85,330円/年
車両全損で150万円




保険料高っ(汗)



おめでとうございます!9社中最高保険料!?

ダイレクトではない富士火災より高い・・・(苦笑)


これではダイレクト保険の意味は無いのでは?


何か大きなメリットがあるかもと思い、見積書を見てみました。

・お客様訪問サービス
―あいおい損保の先進サービスです。人身事故を中心にお客様のご要望に応じ三日以内にお客様を直接訪問し、精神的不安を解消します。

・IOI倶楽部
―ご契約後には、医療健康相談、夜間休日診療機関情報案内など、日常生活に関わる様々なご相談・ご案内サービスを提供します。お気軽にご利用ください。


メリット???う〜ん・・・。


ちゃんとした代理店とお付き合いすることができれば、「お客様訪問サービス」なんていりません。
人身事故でも対物事故でも、必要であればいつでも相談に乗ります。基本的にいつでもそばにいますし。



自動車保険であいおい損保と契約するなら、普通に代理店を通したほうがいいと思います。



どの代理店を選ぶか・・・問題ですね。

よい代理店か悪い代理店かを事前に知るのは難しいです。

一番手っ取り早いのは、近くの保険会社の支社や営業所に電話をして・・・


自動車保険の契約をしたいのですが、きちんと面倒を見てもらえる代理店さんを紹介してください」


と、依頼することです。

こう頼めば、普通なら評判のよい代理店を紹介してくれるはずです。



それでも何かあったときに満足の行く対応をしてもらえなかったら、縁が無かったと思って他の保険会社に乗り換えましょう。

自動車保険を扱っている保険会社はたくさんあります。(爆)
posted by ゆっきー at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年12月10日

自動車保険 保険金不払い 懲りない保険会社にウンザリ!

自動車保険 保険金不払い 懲りない保険会社にもうウンザリ!


自動車保険支払い漏れ問題が、また金融庁から指摘されました。


金融庁の調査によると、自賠責と任意保険で違う損保会社と契約している、いわゆる「2社またがり」の場合、任意保険しか支払われていないケースなどがあり、支払い漏れはまだ相当数あるとみられるという。

「言われたこと以外は対応しないというこれまでの姿勢が継続している」(同庁幹部)と指摘する。

損保各社に自主的な改革機能が不足していると同庁が判断したともいえ、今後は「相当厳しい対応になる」(同)ことが予想され・・・(FujiSankei Business i)



「2社またがり」なんて普通のことです。

むしろ、自賠責保険と任意保険が同じ会社のほうが少ないのではないでしょうか?


ここまでくると同じ自動車保険の仕事をしているのは嫌です。(怒)


以前にも同じことを書きましたが、百歩譲ってオマケの特約なら、“うっかり”でもしょうがないか?と思いますが、(それでも許せませんが)ごくごく基本保険金支払い漏れは、根本的に信用が崩れていくことになるので絶対に許せません。

損害保険26社と書いてあるので、当然富士火災も入っているでしょう。

仮にそれが他社だったとしても、保険業界全体に影響があるほどのことなので、本当に嫌になります。



結局のところ、自分のお客さんは自分で守るしかないのです。

事故報告があったら、進行状況を保険会社へ問い合わせをしながら、支払い漏れが無いか確認していく・・・


あ〜やだやだ・・・(>_<)


信用を取り戻すことが出来るのか・・・



自動車保険 保険金不払い 懲りない保険会社にもうウンザリ!
posted by ゆっきー at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車保険 

2006年12月06日

自動車保険 そんぽ24損害保険 ダイレクトは止めたほうがいいと思います!

自動車保険 そんぽ24損害保険 ダイレクトは止めたほうがいいと思います!


今回もそんぽ24です。

一応ホームページを見てみました。



いろいろ見てみましたが、書くことが見当たりません・・・(汗)



ソニー損保のような、注目できるシステムも・・・

ゼネラリ保険のようなシンプルさも・・・


何にもありません。(苦笑)


もちろん、HPにはいろいろ書いてあります。

どれを見ても、私たち(国内損保)が扱っている商品や特約と、何も変わりがありません。

それじゃぁ、保険料が安いかというと・・・そうでもない。



事故が起きたときのサポートも、他社のアピールと変わりありません。

事故処理は日本興亜損保のサービスネットワークに任せるようです。(と、理解しました。)


う〜ん・・・


これでは、大きなリスクを持ってダイレクト保険と契約するメリットは無いと思います。


もちろん、契約する判断は個人の基準ですが・・・


私は勧めません・・・(+_+)




もしかして、今回の見積もり条件に、保険料が高くなる要素が入っていたのでしょうか?

思い当たる節といえば、年齢条件が21歳以上限定くらいです。

もし、最高の条件(35歳以上限定、20等級、ゴールド免許、レジャー使用)のときだけ安いとすれば、そんな保険会社の存在はいけないと思います。

同じ条件で、他に安い会社もありますもんね・・・

やっぱり勧められないなぁ・・・


そんなことはない!という方、ぜひ反論ください!


自動車保険 そんぽ24損害保険 ダイレクトは止めたほうがいいと思います!
posted by ゆっきー at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年12月05日

自動車保険 そんぽ24損害保険 それではあまりにも存在が薄いよ!

自動車保険 そんぽ24損害保険 それではあまりにも存在が薄いよ!


ダイレクト損保の見積もりやパンフレットを見ていると、本当に色々売り込み方を考えています。

とてもオモシロいですよ。


今回はそんぽ24


条件は以下のとおり

車両 : ホンダ ストリーム  
年式 : 平成15年

割引いっぱいの20等級
21歳以上限定
年掛け一括払い
運転者限定なし
通勤、通学使用
年間走行距離 10,000km以下

対人賠償 : 無制限
対物賠償 : 無制限
人身傷害 : 3,000万円(搭乗中のみ担保)
搭乗者傷害 : なし
車両保険 : エコノミータイプ
        免責 事故一回目→5万円 事故二回目以降→10万円
        (免ゼロ特約あり・・・事故相手がクルマのときは免責ゼロ)


そんぽ24損害保険
64,000円/年
車両全損で155万円


そんぽ24はオモシロくありません・・・(泣)

何も書くことが無いんです・・・(-_-;)

どうしてかって・・・?

だって、何も送られてこないんだもの・・・(大泣)



もちろんHPには色々書いてあります。


―補償内容がわかりやすいこと

―保険料が納得できること

―すべての手続が簡単なこと

私達そんぽ24の「自動車保険」をご紹介します。
補償内容がわかりやすく、保険料が納得でき、すべての手続きが簡単なこと。それが私達そんぽ24の「新しい自動車保険」です。
常にお客さまの視点に立つことで生まれた独自のノウハウで、迅速、安心のサービスをご提供いたします。



補償内容がわかりやすい?

やっぱりパンフレットで内容が見えないとよく分からないです。

保険料が納得できること?

9社中3番目に高くて、保険料がナットクできますか!(爆)


これで、どこが「新しい自動車保険」なんですか???



パンフレットを山ほど送ってくる保険会社もどうかとは思いますが、まったく送ってこないのも考えものです。


やはり、コストダウンなんでしょうね。


ならば、1,2番目くらいに安くないとナットクできません。


一応、ホームページを見てみようか・・・(汗)



♪見直そう♪ 見直そう♪ 自動車保険を見直そう ♪ (爆)



自動車保険 そんぽ24損害保険 それではあまりにも存在が薄いよ!
posted by ゆっきー at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年12月02日

自動車保険 ソニー損保 「くりこし割引」気に入りました!

自動車保険 ソニー損保 「くりこし割引」気に入りました!


今回もソニー損保

『くりこし割引』

―保険期間中、「走った距離」が契約距離区分の上限キロ数を「1,000km以上」下回る場合は、その差額保険料に相当する額を、翌年の継続契約の保険から割引きます。



ソニー損保さん、いいアイデアですね。

走った距離の計算方法が、翌年の契約をした時点での積算計の走行距離がカウントされる仕組みになっています。


つまり、更新時直前に申し込むより一ヶ月前に申し込むほうが、当然走行距離が少ないのでお得になるわけです。


クルマの積算計を確認しながら、早めに更新すれば契約者もお得、保険会社は契約者からの連絡で継続されるのでとても楽。
お互いにメリットがあります。

さすが、ソニー損保ダイレクト保険の魁だけあります。


ひとつ残念なのは、ダイレクトのため、この良いシステムのアピールが難しいところです。

代理店ならば口頭ですぐ説明できるんですけどね・・・(苦笑)



パンフレットや重要事項説明書に目を通してみて感じるのは、他のダイレクト損保とはちょっと違う道を行ってるという事です。

他には無い特徴があって、それが契約者に有益であれば言うこと無いですね。



自動車保険 ソニー損保 「くりこし割引」気に入りました!

posted by ゆっきー at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年12月01日

自動車保険 ソニー損保 驚きのリスク細分!

自動車保険 ソニー損保 驚きのリスク細分!


探偵社に依頼して、子供のいじめを調べてもらう親が増えているらしいです。

社会全体が誰も信じられない風潮になっていますよね。

事実がつかめると、弁護士を通じて相手の親と交渉するのがいいそうです。

考えると、どんどん落ち込みますね・・・(-_-;)



今回もソニー損保

『走行距離によるリスク細分』

―「クルマの運転は週末くらい」という方は、事故に遭う確率だって低いはず。その分、保険料を安く出来るんじゃないだろうか?・・・・・そんな思いから、「走行距離によるリスク細分」導入への取り組みがスタートしました。

確かにその通りですね。


でも、その下に怖いことが書いてあります。


Q.もし契約した走行距離を超えてしまったら、事故に遭っても保険金は支払われないのでしょうか?

―ご安心ください。そのようなケースでも、契約距離を訂正したうえ年間保険料の差額分をお支払いいただくことで、保険金は全額お支払いします。


そりゃそうだ。

これで保険金が支払われなかったら、誰も契約しません!


もし、自分が契約するとしたらイヤだなと思うことは、事故に遭ってしまったときに走行距離オーバーだったら、保険料の差額を払わなければ何もしてもらえない。

つまり、嫌な思いをしているときに二重苦になるということです。


それに、走行距離区分オーバー直後のときに事故に遭ったら、かなり悔しい思いをするとも思います。

たとえば、年間3,000km以下で契約していて、3,020kmで事故に遭ったら悔しいですよね・・・(苦笑)


―また、契約をご継続いただく際には『こえても安心サービス』をご用意しております。これは前年契約時実際に走った距離に該当する契約距離区分でご継続いただくと、契約距離区分を超えても弊社への連絡や追加保険料のお支払いが不要になるサービスです。


このセリフ、もっと大きく書けばいいのに。


つまり、2年目以降は上記の心配をしなくていいということです。

約款も見てみましたが、パンフレットのコメントしか見当たりません。

契約する側の立場としては、一番大事なことです。


追い討ちで、『さらに業界初!』

走らなかった分の保険料を翌年にくりこせる!

ソニー損保だけの『くりこし割引』


こんなに細かい内容で管理できるのかな?

もう6年も続いているので間違いないとおもいますが・・・(^_^;)


くりこし割引の詳細は次回で・・・


自動車保険 ソニー損保 驚きのリスク細分!

posted by ゆっきー at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年11月30日

自動車保険 ソニー損保 一事故一担当者制には困りものです。

自動車保険 ソニー損保 一事故一担当者制には困りものです。


結構気に入っているスーパーマーケットがあります。

水曜日は出来立てパン100円均一の日!!

昨日も寄ってきました。(^_^;)




今回もソニー損保

パンフレットを見ていたらすぐに出てきました、


『事故が起きたときの"安心力"。ソニー損保が一番大切にしているテーマです。』

と、大きく書いてある下に「一事故一担当者制」とあります。


この説明、すご〜く説得力があります。

聞きたいことがちゃんと載っています。かゆいところに手が届くという感じです。


Q.「事故解決担当者との連絡は電話やメールだけですか?直接会って相談したいこともあると思うのですが。」


Q.「一事故一担当者制の場合、担当者が不在や休みのときもちゃんと対応してくれるんでしょうか?」


当たり前ですが、納得いく答えが書いてあります。

よ〜く読んでも突っ込む所がありません・・・(^_^;)

このパンフレットで素人さんは安心して契約します。(汗)


どうしてこんなに完璧なんだろう?


ひとつ心当たりがあるのは、ダイレクト保険は保険料を、等級の高い契約ほど国内損保より安く設定しています。


と、言うことは・・・


事故が起きにくい(等級の高い)契約をいっぱい集めれば、当然大きな事故処理(死亡事故など)も減ります。

物損の事故処理がほとんどであれば、一担当でもいいですよね。


実際の対応は事故に遭ってみないとわからないので、なんともいえません。


どなたかダイレクト損保で人身事故の処理をされた方、いらっしゃいませんか???(汗)



自動車保険 ソニー損保 一事故一担当者制には困りものです。


posted by ゆっきー at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車保険 

2006年11月29日

自動車保険 ソニー損保 「あなたの目線で発想しています」ってなに?

自動車保険 ソニー損保 「あなたの目線で発想しています」ってなに?


しょっちゅう、まつげが抜けて目に入ります。

PCの画面を見ているとすぐに痛くなります。

見ないようにしていたら、仕事がまったく進みません。(汗)

さっさと取れって・・・(爆)



今回はソニー損保


条件は以下のとおり

車両 : ホンダ ストリーム  
年式 : 平成15年

20等級
21歳以上限定
年掛け一括払い
運転者限定なし
通勤、通学使用
年間走行距離 10,000km以下

対人賠償 : 無制限
対物賠償 : 無制限
人身傷害 : 3,000万円(搭乗中のみ担保)
搭乗者傷害 : なし
車両保険 : エコノミータイプ
      免責 事故一回目→5万円 事故二回目以降→10万円
     (免ゼロ特約あり・・・事故相手がクルマのときは免責ゼロ)

ソニー損害保険
63,760円/年
車両全損で150万円


送られてきた封筒の中はいろいろ入っています。

ちょっと嬉しい反面、開けると文字がいっぱいのパンフレットやら説明書やら・・・

それを見たとたんもういいや・・・ちょっと思ってしまいます。



パンフレットを開いてみると、裏表紙に能書き・・・

じゃなかったソニー損保の考えがびっしり書いてあります!


―今やソニー損保自動車保険の代名詞にもなった「走る分だけの保険料」
必要な分だけ保険料を払う、誰もが納得できる合理的なシステムを実現しています。

―最大限に力を注いでいるのが、事故が起きたときのサポート
お客様との距離が近いダイレクト自動車保険だからこそ可能になる、パーソナルなサービスをご提供します。

―あなたは自動車保険に何を望みますか?保険会社を選ぶ決め手は何ですか?
まずは私たちスタッフの言葉をお聞きください。



自信たっぷりです。(笑)

安〜い保険料に事故が起きたときの最大限のサポート。

その通りだったら完璧です。


次回、中を詳しく見てみます。




自動車保険 ソニー損保 「あなたの目線で発想しています」ってなに?
posted by ゆっきー at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年11月28日

自動車保険 保険会社不払い防止対策 もっとお願いします!

自動車保険 保険会社不払い防止対策 もっとお願いします!


12月も目の前というのにあまり寒くないです。

まだ蚊がいます・・・?

これも温暖化???本気で考えるとゾッとします。



損害保険会社各社は不払い防止対策に力を入れ始めているようでです。


「支払可能保険金」案内広がる ・ 「不払い防げ」

との見出しで、新聞に気になる記事がありました。

―事故情報の受付時に、支払可能な保険金の種類を全て掲載した文書を郵送するサービスを始めた。支払われなかった保険金については、その理由を明記した明細書を出す。双方の書類を付き合わせると、どの契約、特約で補償されたかが、「一目瞭然になる」という。
(あいおい損保)

―昨年度から、保険の補償内容を網羅した案内を作成している。契約者に具体的な補償範囲まで知らせることで、「社内的にもチェックが働き、不払い防止にもなる」という。
(三井住友海上火災保険)

―約款に支払対象になりうる保険金の一覧表を添付。担当者は一覧表をもとに、請求可能な保険金を契約者に説明し、契約者と担当者が相互に確認しあうことで不払いを防ぐ。
(東京海上日動火災保険)

―先月、事故発生から保険金の受け取りまでの流れをまとめた小冊子を完成させ、今月から代理店に配布している。
(損保ジャパン)

―契約者ごとに事故で支払われる保険金の種類を示す案内書の作成を検討中。
(日本興亜損害保険)


前から言っていた、保険会社側からの支払い可能な保険金案内を、やっと始めるようです。


本気で契約者のことを思えば、それほど難しい事ではない筈ですからね。

事故の内容と、契約の内容を照らし合わせて確認すればいいだけのことです。


そして・・・確認できた内容を、分かりやすく契約者にお知らせください。(笑)





自動車保険 不払い防げ 「支払可能保険金」案内広がる
posted by ゆっきー at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 

2006年11月26日

自動車保険 全労災 この特約理解出来る?

自動車保険 全労災 この特約理解出来る?


秋になると、ワタシたちの地方はサツマイモが盛んに飛び交い(?)ます。

農家の方から頂くのですが、その量が半端じゃない!

スタッフは2週間前に、30キロ入るお米の袋でもらいました。(爆)

食べきったかな?



今回も全労災

全労災はたくさん書きたいことがあります。


お車のための特約・・・

「補償額限定オールリスク」

―エコノミーワイドにプラスすることで、手軽な掛け金で、オールリスクWの範囲まで補償を拡大することが出来ます。(エコノミーワイド以外の補償範囲については、損害額30万円が限度、損害額が30万円以下の場合は自己負担額1万円) 車両共済金額50万円以上の場合のみ付帯できます。


この説明、理解出来ますか?

この特約の言いたいことは・・・

全損額50万円以上のエコノミー車両保険を契約したとき、本来補償されない事故(自爆など)をしてしまった時でも30万円まで保険金が支払われます。


3〜4回読み返して、そういうことかと理解したのですが・・・

違っていたらゴメンナサイ。<(_ _)>

でも、もし違っていたら、普通の人にはもっと理解できないと思います。


良いと思う内容もあるのですが、いろいろ欲張って分かりづらい商品の構成になってしまっているようです。

ダイレクト保険はシンプルな構成が一番ですね!



自動車保険 全労災 この特約理解出来る?

posted by ゆっきー at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 
自動車保険 交通事故保険の手続きで困った時・・・任意保険 ドット コム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。