自動車保険 人身事故 免停になんかならない!自動車保険 交通事故保険の手続きで困った時・・・任意保険 ドット コム 自動車保険 交通事故保険の手続きで困った時・・・任意保険 ドット コム

2006年10月04日

自動車保険 人身事故 免停になんかならない!

自動車保険 人身事故 免停になんかならない!!!

相変わらず飲酒運転での事故がニュースを賑わせていますね。

先日、ふらっと立寄ったお客さんが、「昼間なら警察いないからちょっと位飲んでも大丈夫だろう」と大胆発言(汗)していました。

やっぱり、メーカーさんにアルコールを検知したら動かないクルマを作ってもらうしかない!ですね・・・


前回の続き・・・

このような軽い事故では免停にならない時もあるので、出来るだけ対策をしました。

ほとんどの場合、全治2週間以上のケガになると、裁判所からお呼びがかかり・・・免停になります

しかし、いくらかでも”刑“が軽くなる対策もあります。

補償の厚い保険に入る。(対人、対物、人身傷害&車両保険・・・普通にです)
(裁判のとき裁判官は任意保険の内容を確認します)

被害者に誠意を見せる。
2〜3日中の訪問、1週間に一度の電話。(目安ですが)

事故担当の警官に無謀なことは言わない。

いくらか違うようです

下の二つはすぐに行動しました。
事故が起きた後で保険内容の変更は出来ません。(当然!)

その結果、スタッフは3ヶ月経っても呼び出しが来ませんでした。

無事、免停&罰金は免れたようです。

よかったよかった。(*^_^*)

ちなみに、警察の事故担当はこんなことも言っていました。
「最近私たちから見ても、このぶつかり方で首が痛いの?っていう事故は結構多いですよ」(爆)

なんか、世の中狂ってますよね・・・


自動車保険 人身事故 免停になんかならない!!!
posted by ゆっきー at 01:19 | Comment(3) | TrackBack(1) | 事故
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

免停は行政処分なので、基本的に裁判所はノータッチですよ。
何か勘違いをなされているのではないかと。
ちなみにこの3つの違いについては、千葉では免停講習試験に出ます。
講義で「出るよ」と予告があります。

てか、被害者の立場から言えば、毎日電話なんてウザいだけ。
誠意を見せるってのは、現代日本語文章では「きちんと金を払う」って意味ですから。

まぁ法人でも誠意の無い方はいらっしゃるようですが…。
時効間際に内容証明攻撃を仕掛けて、相手の債権を時効にした上で訴訟する予定。
Posted by かずさのすけ at 2006年10月21日 04:50
すいません。
「この3つ」って意味不明でした。

・刑事責任
(罰金・禁固・懲役)
・民事責任
(損害賠償)
・行政責任
(免停・取消)

の3つです。個人的には、これらに加えて
「道義的・倫理的・社会的責任」が加わると思ってますが…。
Posted by かずさのすけ at 2006年10月21日 04:54
コメントありがとうございます。

そうですね、ご指摘のとおりです。
表現の仕方が悪かったと思います。

ひとつ反論したいのは、事故の当事者とよく関わる者の実感として、金銭以外の誠意というのは実際存在します。

それは、被害者として嫌な思いをした清算を、保険会社の担当者からの金銭的な対応だけでは物足りないと感じる方が多いからだと思います。

かずさのすけさんも二つ目のコメントで書かれてますよね。
「道義的・倫理的・社会的責任」って・・・
Posted by ゆっきー at 2006年10月22日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソニー損保で自動車保険
Excerpt: ソニー損保で損害保険を!ガン重点医療保険、自動車保険など、大人気のソニー損保の損害保険情報です。
Weblog: ソニー損保
Tracked: 2006-10-04 09:54
自動車保険 交通事故保険の手続きで困った時・・・任意保険 ドット コム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。